ブレーキマネジメントの支柱

安全なブレーキマネジメント。

設備オートメーションにおける安全なブレーキマネジメントは、複雑かつ重要なテーマです。これを怠ると、人と機械に損傷が生じる可能性があります!

重力負荷が掛かった軸 (垂直軸も) と関連して、特に顕著なことに、機械の摩耗またはブレーキのオイルによる汚れによって、予期せずに軸が下降したり、転落する場合があります。ブレーキが機能停止する可能性を排除することができない場合や、危険範囲にスタッフが立ち入る場合、リスク軽減のための対策を講じる必要があります。

重力負荷のかかる軸を規格に従って保護する方法は?

重力負荷がかかった軸を保護するための方法については、以下の刊行物を基準としてください。

  • DGUV 専門領域-情報シート No. 005 09/2012: 重力負荷の掛かった軸/垂直軸
  • DIN EN ISO 16090-1:2019-12: 工作機-安全 – マシニングセンター、フライスマシン、搬送マシン、添付 G: 重力負荷が掛かった軸。

重力負荷が掛かった軸を保護するために、どのブレーキ装置が適切なのかは、それぞれの危険状況に応じて、刊行物内に記載されています。DIN規格は、DGUV刊行物を基準にしていますが、解決コンセプトへの要求事項が一部より厳格なものとなっています。どちらの刊行物も、周期的なブレーキテストを推奨しています。DIN規格は、基本的に常にこれを前提としています。スタッフが完全に、または一部でも垂直軸の下に立ち入る場合、DINおよびDGUVは重複ブレーキシステムを組み合わせた停止ブレーキを使用することを提案しています。

すべてがそろう

このアプローチ向けに、STÖBER Antriebstechnik GmbH + Co. KGは、Pilz社と共同開発したソリューションを提供しており、セーフティモジュールSE6付きのドライブコントローラSD6は、イノベーティブでエンコーダに依存しない安全機能と、最大二つのブレーキに対する安全なブレーキマネジメントを提供します。

包括的な安全機能(ブログテーマの左)は、EN 61800-5-2の要求事項に対応しており、またSIL 3、 PL e (カテゴリ 4)による認定を受けています。ドライブコントローラSD6は、例えば、さらに二つのSTOBERコンポーネントと組み合わせて、重力負荷が掛かった軸を保護するために、DIN EN ISO 16090-1:2019-12の基準を満たしています: 停止ブレーキ付きのSTOBERモータと、内蔵式ブレーキ付きモータアダプタServoStopを組み合わせることで、STOBERは機械プレーナーと設計者に簡単で安全なソリューションを提供します。

ILL Sicherheitstechnik Funktionen Kennlinien SSR_PP_2

安全機能

包括的な安全機能に関してもっと知ってください。

何か質問はありますか?

SD6、 SE6とServoStop停止ブレーキ付き減速機の組み合わせによって、私たちはより広範囲に安全をサポートしたいのです。

いつでもお客様をサポートいたします