One Cable Solution

長距離を接続

たった ワンケーブルで 100 mまで対応

STOBERの新型ハイブリッドケーブルは100 m離れたモータとドライブコントローラも確実に接続できる、一歩先行く技術です。それを実現するのが、未来を見据えたHEIDENHAIN EnDat® 3。

転送、診断、セキュリティ、パフォーマンスで最高の信頼を発揮するため、 デジタル工場の実現に最適です。

お気軽にお問い合わせください。いつでもお客様をサポートいたします。

-  フロリアン・ドレーアー博士 - STOBERモータ事業部開発・購買責任者

新世代のOne Cable Solution

「従来はエンコーダとドライブコントローラが15 m以上離れていると、データを干渉なく転送できないことがありました。このような場合は、ケーブルごとに1台の出力チョークが必要でした。チョークは高価で、しかも制御盤に設置スペースが必要です。
しかし、こういった問題をHEIDENHAIN社と協力して解決することができました。そのためにSTOBERの既存ワンケーブルソリューションを改良し、ドラッグチェーン内の極めて動的なアプリケーション専用にカスタマイズしました」

– フロリアン・ドレーアー博士 – STOBERモータ事業部開発・購買責任者

One Cable Solutionのキービジュアル

時間、設置スペース、コストを削減

Stoberのワンケーブルソリューションを使えばケーブル数が半分になり、プラグコネクタ数が削減され、さらに高価で場所を取るスロットルが不要になります。

お客様のメリット:

  • ハードウェア台数の低減
  • 配線の手間を軽減
  • ドラッグチェーンの小型化
  • 制御盤ブッシングの小型化
  • 瞬時に簡単に取り付け
  • インストール時のエラー原因を低減
  • ロジスティクス費用を削減
  • 故障リスクを最小化
  • 制御盤内のスペースが増加
  • 材料費と設置コストを大幅に削減

取り付け時間を短縮し、材料とスペースを有効利用できるため、コストも節減できます。

STOBERシステム内で最高のパフォーマンスを発揮

完全整合されたシステムをお届けするSTOBERワンケーブルソリューション。電力供給とデータ伝送の役割を1つのシースに収めた独自設計のハイブリッドケーブルで、省スペースと高い対費用効果を実現します。

ドライブコントローラSC6またはSI6と組み合わせて、STOBERギヤードモータ間の効率を最大限に高めることができます。